痩せたい気持ちとリスク

痩せたい気持ちとリスク

ダイエット

ダイエット…この言葉を聞くと、思わずため息をついてしまう人も多いのではないだろうか。スレンダーな体で大食いの番組に出演し、ペロッとたいらげる姿を見ると本当に羨ましく思える。痩せの大食いとはよくいったものだ。ダイエットに敏感になるのはなにも女性だけではない。今や小学生が肥満による糖尿病に苦しむ時代となり、ダイエットは老若男女を問わず永遠のテーマとなっている。幾度となく挑戦し、失敗に終わる。もしくは成功しても途中で努力を怠り、リバウンドに泣く。目標体重までの道のりは、険しい崖をよじ登るほど苦しいものだが、リバウンドするときは崖の上から突き落とされたかと思うほどあっという間だ。だが、単にスタイルの良さや小顔のみを追求するだけでなく、健康維持のためにも適正な体重と体型を取り戻さなければならない。肥満が原因とされる糖尿病、高血圧などの生活習慣病以外にも、腰痛などの関節障害や睡眠時無呼吸症候群にも多大な影響をもたらすからだ。ダイエットの方法は、挙げればきりがないほどあるようだ。ヨガ、エクササイズ、呼吸法などの運動系や骨盤矯正、計るだけ、寝るだけなどの「〜だけ」ダイエット、ダイエットレシピによる食事療法やダイエット食品、サプリメントなど多岐にわたる。他にエステや脂肪吸引、さらにはマジンドールという食欲抑制薬もある。マジンドールは一般的に、BMI値が35以上で高度肥満症と診断された人に保険適用で処方される薬であり、摂食中枢を抑制し、満腹中枢を刺激して食欲を抑えるとされる。しかし医師が認めれば、保険適用外で処方が可能である。

 

 

 

ダイエット薬以外の保険適応外の薬は、通常その多くが美容クリニックで処方されている。
最近注目の保険適応外の薬が出たので、紹介したいと思う。
まつ毛貧毛症治療薬のグラッシュビスタである。グラッシュビスタはまつ毛を伸ばしたい女性にとっては待望の薬といえるのではないか。
ダイエットを目指す女性もまつ毛を伸ばしたい女性も、その根底にあるものは美への追求だ。
まつ毛貧毛症治療薬は、ダイエット薬とは違い外用薬であるため副作用も比較的少なくて済むようだ。


ホーム RSS購読 サイトマップ